腸内環境を整えろ!乳酸菌の効果的なとり方とは

腸内環境を整えろ!乳酸菌の効果的なとり方とは

・乳酸菌の整腸作用

便秘やお腹のトラブルを抱えているという方には乳酸菌がおすすめです。
便秘や下痢などが習慣化して定期的に起きるということは、腸内環境が崩れているということ。
あなたの腸内では悪玉菌が増殖している可能性があります
その悪玉菌を減らし済みにくい環境を作ってくれるのが乳酸菌です。

 

乳酸菌は人間の腸内環境を整える働きを行なう、善玉菌のエサとなります。
腸内にいる善玉菌の数が増えるほど腸内環境は整えられるため、悪玉菌は居場所を失い腸内の余計な脂肪や老廃物と一緒になって体外に排出されます。

 

お腹の調子が悪いという場合は、ヨーグルトやお漬物など乳酸菌が含まれている食品を積極的に摂取するようにして崩れた腸内環境を整えてあげましょう

 

・乳酸菌はいつとるのが正解?食前・食時中・食後

乳酸菌が身体にいいというのは、もはや有名なことですよね。
腸内環境を整える効果や免疫力の向上、大腸がんや胃がんの予防、美肌にもいいということです。

 

しかし、これらの効果は誤った乳酸菌のとり方をしていれば得られることはありません。
では、いつどのタイミングで乳酸菌を摂取すればいいのかというと・・・
ずばり食後です。

 

乳酸菌が力を発揮するためには、生きた状態のまま腸内に到達しないといけません
乳酸菌は胃酸に弱い性質です。食前や空腹時で胃酸の分泌が活発になっている時に摂取してしまうと腸内に届く前に乳酸菌が分解させられてしまいます。
しかし、食後なら胃酸も弱まり落ち着いているため、高い確率で生きた状態のままの乳酸菌を腸内に届けることができるのです。
乳酸菌は食事が済んだ後に摂取する、これが正解となります。
食後のデザートとしてヨーグルトなどはいかがでしょうか。

 

・時間帯は関係あるのか?

乳酸菌をより効果的に作用させるためには、午前か午後どちらの時間帯に摂取するのが効果的なのかというと、これには大差がありません。
夜にとったほうが効果は高いという説もよく耳にしますが、科学的な根拠はないようなので自分が食べやすい時にとるようにしましょう。

 

腸内環境を整えたいのであれば、毎日コツコツと乳酸菌をとり続けることが大切なのです。

 

より効果的に乳酸菌を働かせたいという場合は、食物繊維やオリゴ糖を意識して摂取するようにするといいですよ。
これらは乳酸菌のエサとなるため食事中にとっておきましょう。
オリゴ糖はそのままヨーグルトと混ぜて食べてもいいですね。