小さい頃の便秘と青汁の話

小さい頃の便秘と青汁の話

私は、小さい頃から便秘に悩まされていました。
便がでても、うさぎのフンのようなコロコロした便が少しだけでる程度で、便が硬くて、便をするときに痛みをともなっていました。なので、便をするのがとても嫌でした。
また、少量しか便が出ないので、頻繁に腹痛に悩まされていました。
さらに、社会人になると仕事仕事で、ゆっくり休む暇も無くストレスなども増えてしまい、子供の頃以上に便秘が酷くなってしまっていました。

 

しかし、便秘薬で便を出すのには少し抵抗がありました。
それは、便秘薬を飲むようになったら、便秘薬を飲まないと便が出なくなってしまうのではないか、だんだんと身体が便秘薬に慣れてしまい、薬の量が増えていくのではないかと思っていたからです。

 

そんなときに、友人から青汁が便秘に効くということを教えてもらいました。
青汁は身体に良さそうなイメージですし、少し苦いかもしれないけれど、試してみる価値はあるのではないかと思い、青汁を飲んでみることにしました。

 

青汁と単に言っても、現在は非常に多くの種類の青汁が販売されています。
飲みやすさ重視のものなど、よく見るといろいろな種類の青汁があるのです。
私は、手っ取り早く、インターネットでどんな青汁にするか検討していました。
私が青汁を飲む一番の目的は便秘を解消するためでしたので、ケールや大麦若葉がふんだんに使用されている食物繊維が沢山含まれている青汁を購入することにしました。また、毎日飲むことになると思うので、無添加、無農薬のものを選びました。

 

そして、青汁を実際に飲んでみました。
私には少し苦く感じたので、牛乳で割って飲むことにしました。
牛乳で割ると苦味が少し消え、まろやかになり飲みやすくなりました。
蜂蜜を少量加えても美味しくいただけるました。
そうして青汁を毎朝、朝食の時に飲むようになりました。

 

青汁を飲むようになってからは、一週間に1〜2回しか出ていなかった便が、ほぼ毎朝出るようになりました。
また、うさぎのフンのようなコロコロした便だったのが、とても柔らかい便になり、便をするときに痛みを伴うことも無くなりました。
そしてうれしいことに、むくみやすかった身体がむくみにくくなり、冷え性も改善され、吹き出物もあまり出来なくなりました。
便秘が解消され、むくみにくい体質になった為か、体重も少しずつですが、減少していて、青汁を飲みだしてからうれしいことばかりです。
これからも青汁を続けていこうと思います。